読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医師に思わず「オススメはなんですか?」

薬はどんどん進化しているんですね。

ご多分に漏れず脱毛はしましたが、イメージしていたよりも吐き気は軽く、味覚障害もありません。

でも、「子供が生まれても、君がいなくなったら意味がない」と夫に言われ、4月から半年間の抗がん剤治療を受けました。

毛が抜けるのなんてどうでもいいけれど、子供を産みたいという思いが最後まで決断を鈍らせました。

医師から「抗がん剤は子宮にもダメージがあって、そのまま閉経してしまうかもしれない」と言われたので、本当は嫌だったんです。

ただ、手術より悩んだのは、その後に始まる抗がん剤治療でした。

翌日からは、もう歩いてレントゲン室に行ったり、数日後にはドレーン(排液管)を付けて仕事をしたり、家が近かったので毎日、夕飯を作りに帰ったりもしました。

手術を受けた夜、背中が痛くて何度もナースコールをしたときも、「もしここが野戦病院だったら、ナースコールなんてないんだ」と妄想して、自分の幸せを噛みしめました。

入院は2月下旬。

心が傷つかない方法をいろいろ考えて、そのときは「小学生に戻ったと思えばいいや」と自分を納得させました(笑い)。

右胸がなくなるのは寂しかったですが、ものは考えようです。

悩まなかったといえばウソですけれど、「命か胸か」と言われたら答えはおのずと出ていました。

主治医は「(右乳房)全摘です」と言い、夫も賛成したのでオススメを選択しました。

結局、私が主治医に言えたのは「オススメはなんですか?」という変な質問だけ。

ただ、「温存すれば再発のリスクが残る」とか、再建手術がうんぬんという説明も同時にされたため、それがまるでお経のように感じられて……。

しこりは約3センチと大きかったものの、早期に近かったので乳房は3分の1温存できるとのことでした。

後にリンパ節にも転移していることがわかり、最終的には「ステージⅡB」でした。

結果は「右乳房の乳がんステージⅡA」との診断。

さびしい母がやさしい娘を縛る5つの呪文

◆「呪文」が娘の心に与える影響
しかし、その気持ちが娘にとっては苦しいプレッシャーとなり、娘自身の意志を狂わせてしまいます。
それを言うことが「娘のためになる」と真剣に信じているのです。
もちろん、母は娘を苦しめようとして、こうした言葉を言っているわけではありません。
さびしさから、子育てに執着し、なかでもひときわ思い入れのある娘の人生に干渉し続けてしまうのです。
そのさびしさは、一人の女性として精神的に自立しきれていないことから発せられるものです。
無意識のうちにこうした呪文をつぶやく母は、“さびしさ”を抱えているものです。
しかし、そうした気持ちから娘にかける言葉は、いつしか娘の心のなかで「呪文」としての力を持ち、人生を左右してしまうことが少なくありません。

母にとっては、同じ女性として共感でき、素直に従う娘ほど、分身のようにかわいく思えてしまうものです。

1.「お母さんの言うとおりにしていれば間違いない」
進路や人生設計をすべて「お母さんの言うとおり」にすれば、本当に幸せな一生を送れるのでしょうか? そのとおりにしなければ、不幸になるのでしょうか?

2.「あなたさえいてくれれば、もう何もいらない」
「他の関係をあきらめたのだから、私のそばにいて」という大胆な要求を突きつけています。「親友」や「パートナー」の役割まで担わされる娘の負担は?

3.「お母さんができなったことをあなたにしてほしいの」
人格も興味も能力も違い、生きる時代も違う娘が、なぜ「母のやりたかった夢」を叶えなければならないのでしょうか?

4.「やりたいことを我慢して、あなたを育ててきたのに」
娘が母の希望と違う進路を選んだときなどに、ついてくる言葉。「人生を犠牲」にした母のために、母の希望に添って生きることが正しいのでしょうか?
5.「あなたのためなのよ」
「あれをしなさい」「それはダメよ」などの言葉の後についてくる「あなたのため」は、本当に娘のため? 「母自身のため」と言い換えた方がしっくりきそうです。

◆母の何気ない一言が「呪文」になる
代表的には前の5つの言葉があります。
そんな娘たちが母から受けてきた「呪文」には、どのようなものがあるのでしょう?
娘の人生を支配し干渉する母、娘と密着し、娘の行動に口を出す母――そうした母のもとで育ってきた娘たちには、大人になっても母から受けた「呪文」というプレッシャーから逃れられず、息苦しい人生を送っている人が少なくありません。

糖尿病児死亡事件で無罪主張退ける

■判決のポイント

【殺意があったか】駿君の母親がインスリン投与について被告に伝えたと証言し、被告のメールにも裏付けられている。危険性を認識していたものと認められる。未必の故意による殺意があった。

【被告の影響力】駿君の1型糖尿病を完治できるという被告を信じようと考えた心情は十分理解でき、冷静な判断が鈍った精神状況に陥っており、母親は被告の指示以外の行動を取り難い心理状態に陥った。インスリン不投与に関して、被告と母親は間接正犯、父親が共謀共同正犯の関係にある。

【身勝手な動機】「治療」の報酬などとして金銭を得るなどおよそ理解しがたい身勝手さであり、非難の程度は相応に高い。

【反省の態度】裁判中、不合理な弁解に終始し、被害者の両親を愚弄するなど反省の態度を全く示していない。

■知識があれば

初公判や2日目の公判で退廷を命じられ、その後も不規則発言があった近藤被告。別の男性(48)は「かたくなな人に見えた」とし、男性会社員(24)は「(この日の被告の態度も)納得していないようなしぐさに見えた」と話した。

6日に始まった公判は17日の論告求刑公判まで10回続き、宇都宮市の男性会社員(50)は「1型糖尿病はインスリンを打たなければならず、祈祷によって治すなど一般常識では考えられない。(事件は)正しい知識があれば防げたのでは」と振り返った。

裁判終了後、4人の裁判員が記者会見に出席した。

■動機は権威欲と金銭欲

判決は、権威を守り金銭を得るのが動機だったとして「理解し難い身勝手さ」と指摘した。

検察側は、駿君の両親が近藤被告に23回にわたり計422万円を支払ったとして、「金銭欲を満たすことが主な動機。人の道を外れたおよそ理解しがたい身勝手な犯行動機」と、悪質性を強調した。

その多くはメール。「いつも正しい漢字変換をせず、見張っている死神をあざむくためと言っていた」という。

母親は証人尋問で「(駿君を)うつぶせにさせ、ろうを1滴垂らした。足裏から死神が逃げると言われた」と証言したほか、「ハンバーガーを大量に買ってきて近所に配れ」「本格的なハンバーガー屋がある。20個頼んですぐに食べさせよ」「駿君の足の近くに灯油をおけ」「仏壇の位牌などをおけ」「龍神の書いた紙を駿の足に乗せろ」と、近藤被告から受けた指示内容を証言した。

一方、近藤被告は「糖尿病を治せるなんて軽口はたたいていない」と反論していた。

公判中の証言では、近藤被告に「インスリンを打たなくても、バリアで守られる。おれの命に換えても守ってやる」と言われ、信じるようになったと述べた。

母親は求刑に先立ち、法廷で読み上げられた書面で「血糖値測定の際に、小さな指に何度も針を刺して血を出しているのを見るのは耐えられなかった。被告の名刺を見つけ、連絡すると『簡単に治せる』と返事があり、不安な気持ちが晴れ渡っていた」と振り返った。

インスリンを定期的に投与しなければならなかった駿君。

弁護側は「被告は治療が正しいと信じていた」と殺意を否認してきたが、判決は、近藤被告の「治療」を「自分の治療で完治したかのようなことを述べるばかりで、容態の悪さをそのまま放置していたことが認められる」と批判した。

公判では、死亡した今井駿君の母親らの証言によって近藤弘治被告の「治療」の内容が明らかになった。

「治療に入る。水を大コップ、梅干し3個 飲ませ食べさせよ」「これ以上、医師の指導に従うな」-。

 

近藤被告は27年11月、殺人容疑で逮捕された後、鑑定留置を経て、昨年6月に起訴された。駿君の両親は保護責任者遺棄致死容疑で書類送検され、起訴猶予処分となっている。

佐藤裁判長から「東京高等裁判所控訴できます」と返されると、「東京地方裁判所じゃないんですか」と聞き返した。佐藤裁判長が「以上です」と答え、閉廷しても、近藤被告はなかなか椅子から立ち上がろうとしなかった。

最後に「弁明はできないのですか」と発言。

近藤被告は判決文が読み上げられている途中、手や首を左右に振ったり、天を仰いだりしていた。

駿君の両親は弁護士を通して「裁判は終わりましたが、私たちはこれからも息子の冥福を祈って生活していこうと思います」とコメントした。

被告とは母親が間接正犯、父親が共謀共同正犯の関係にあるとした。

一方で半信半疑だった父親は病院に連れて行くなどの行動が可能だったと指摘。

弁護側は「投与中止を選択したのは両親」と無罪を主張していたが、判決は母親が被告を信じ切り、指示以外の行動を取り難い状態だったと認めた。

佐藤基(もとい)裁判長は「駿君は死亡前の約20日間、徐々に衰弱し、母親の目前で死亡しており、犯行態様が残酷」と述べ、近藤被告が両親に指示してインスリン投与を中止させたとし、危険性を認識していた未必の故意による殺意を認定した。

1型糖尿病だった宇都宮市の小学2年、今井駿君=当時(7)=のインスリン投与を中止させて衰弱死させた事件で殺人罪に問われ、24日、宇都宮地裁での判決公判では懲役14年6月(求刑懲役15年)の判決が言い渡された。

 

大人になりきれない男ゴコロ

◆永遠の少年が抱える「マザーコンプレックス」
しかし、現実にそうした女性はいるはずもないので、生身の女性に幻滅して「二次元の女性」にのめりこむ人も少なくありません。
そのため、永遠の少年が恋愛相手に望むのは、母親とは真逆のファンタジーを与えつつ、母性愛で包んでくれる女神のような女性が典型です。
永遠の少年は、こうした母親を息苦しいと思う一方で、母のような完璧な愛にいつも包まれていたいという両価的な感情を持ちます。
息子にとって、自分を愛してくれる母は愛着の対象である一方、呑み込まれて破壊される脅威にも感じられます。

つまり、息子を心から愛し慈しむ一方で、愛情の強さゆえに息子を骨抜きにしてしまう母親に対する愛憎の気持ちです。

こうした「永遠の少年」タイプの男子に共通する心情に、「マザーコンプレックス」があります。

 

◆永遠の少年が「正義のヒーロー」に憧れるわけ
そのため、「空飛ぶ戦士」や「宇宙に旅立つ少年」のように、現実から遠く離れて自己実現をするヒーロー像に憧れを抱くのだと考えられます。
その根本には、現実に根ざした物事と格闘し、社会に根を下ろすことから逃げ出したい気持ちがあるからです。
永遠の少年たちは、現実的で地道な仕事を「オレがやるべき仕事ではない」と言って嫌います。
このように、空想の世界に埋没し、現実世界から後退していくのが、永遠の青年の典型的な行動パターンなのです。
しかし、空想ばかりが膨らんで、実際の行動が伴わないのは問題です。
大きな夢を持ち、肯定的な自己イメージを膨らませることはとても良いことです。
たとえば、戦闘アニメを見て「オレも正義のために闘うカッコいい大人になりたい!」と願う男は、永遠の少年の元型に刺激されていると考えられます。

「永遠の少年」とは、無意識の中に存在する未発達で夢見がちな少年の心を表す元型です。

 

◆ビッグになりたいのに何もしない男子の矛盾
ここでは、ユング心理学の元型「永遠の少年」をもとに、大人になりきれない男ゴコロの謎を紐解いてみたいと思います。
「大きな夢を語る前に、目の前のことをコツコツこなしたら?」と言いたくなってしまうかもしれませんが、そもそもなぜ、“ビッグマウス”に行動が伴わない男性の矛盾は、あちこちで見られるのでしょう?
そんな男の言い訳を聞くたびに、じれったくてイライラしてしまう女性も多いことでしょう。
「いまのオレは“仮の姿”なの!」といいながら、まったく“本当の姿”を見せてくれない息子。

「いつかビッグになってやる!」と広言するものの、一向に行動を起こさず、ゴロゴロしてばかりいる彼氏。

 

http://www.carraralounge.com/

「COPD」の症状・治療法、喫煙者の15~20%がかかる

CODPの対策法・治療法…まずは禁煙が大前提

風邪でもないのに咳がつづくときは、医療機関で調べてみるようにしてください。

しかし、早期に発見すれば、治療で進行を遅らせることもできます。

また20年以上の喫煙を経て発症するため、本人に病気の自覚が乏しく、発見したときには重症化していることが少なくありません。

COPDの恐ろしい点は、一度COPDになってしまうと、治療をしても肺の機能を元に戻すことができないことです。

症状が進んで、自力の呼吸だけでは健康が維持できなくなった人には、小型の人工呼吸器とマスクを使って呼吸を助ける、換気補助療法も必要となります。

そのうえで、気管支拡張薬や吸引ステロイド薬を使った薬物療法や、呼吸をしやすくするためのリハビリテーションが行われます。

COPD治療の基本は禁煙です。

COPDの診断法

この値を肺活量で割った数値が70%未満の場合、それが他の病気によるものでなければCOPDと診断されます。

検査は、空気を思い切り吸ったあとに、できる限り速く息を吐き出して、最初の1秒間で出た量を測ります。

COPDの診断では、スパイロメトリーといわれる呼吸機能検査が行われます。

COPDの症状…体を動かすと息切れする自覚症状がスタート

COPDは非常に身近な病気ですが、最悪の場合、死に至ってしまうこともある怖い病気なのです。

その結果、栄養状態が悪化し、心臓や血圧に関する合併症を引き起こすケースもあります。

そうなると体の活動量が低下して、食事をすることすら困難になってしまいます。

病状が進むと、特徴的な症状とされる軽い息切れが、ちょっとした動作だけで起こるようになり、呼吸がとても苦しくなります。

ところが、このような症状は体調不良や風邪にありがちなので、多くの人がCOPDに気づかないまま日常生活を送っているのです。

COPDの主な初期症状は、歩いているときや階段の上り下りなど、体を動かしたときに息切れを感じたり、咳や痰がずっとつづいたりすることです。
 

COPDの原因はタバコ? 喫煙者の15~20%がCOPD

しかし肺気腫になると酸素を取り込みにくくなり、呼吸の機能そのものが悪化してしまいます。

肺には、酸素を取り込んで二酸化炭素を排出する「呼吸」という、生命維持に欠かせないはたらきがあります。

タバコの煙はさらに、気管支の奥にある肺胞を破壊し、「肺気腫」という状態を引き起こします。

気管支は呼吸に欠かすことのできない組織です。

この炎症によって気管支が細くなったり痰や咳が出たりして、肺への空気の流れが悪くなる「慢性気管支炎」を起こします。

タバコの煙を吸うと、肺の中にある気管支が炎症を起こします。

では、喫煙がCOPDにどう影響するのかを説明しましょう。

喫煙者の15~20%がCOPDになるといわれ、患者のおよそ90%は喫煙歴があります。

COPDの原因として、第一に挙げられるのがタバコです。

日本で530万人もの患者がいる肺の慢性疾患・COPD

このように男女で死亡数に大きな差がみられるのも、COPDの特徴といえます。

死因別死亡数は第9位で、日本人全体の死亡総数の1.3%でした。男女別の死亡数では、男性が1万3057人で第8位ですが、女性は3386人で11位以下のランク外でした。

さらにCOPDの死亡率をみると、平成25年では1万6443人に上っています(厚生労働省「人口動態統計の概況」)。

人口にすれば、およそ530万人となります。しかもその大多数が、医療機関での診断や治療を受けていないというのです。

2001年に行われた「NICEスタディ」という大規模な疫学調査では、40歳以上の日本人の8.6%がCOPD患者だと推定されています。

そして、世界的に主要な死亡原因のひとつでありながら、広く認知されているとはいえません。

COPDの患者数は日本国内でも世界でも年々増加しています。

「肺の生活習慣病」ともいわれる慢性閉塞性肺疾患(以下、COPD)は、従来、慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称です。

http://www.carraralounge.com/

ドラえもんの道具みたい、「どこでもビジネス」

ネットビジネスのいいところは、どこでもビジネスができるということでしょうか?

ただし、ネット環境とパソコンなどの端末は必要です。

これさえあればその他の投資は無料で始められます。

やり方は、無料のブログサービスに登録して、ガンガン記事を書きます。

この記事は何でもいいということではなくある程度テーマを絞ります。

テーマを絞る際に読んでほしい人の属性を選ぶことも重要です。

できればあなたと同じ年齢層、性別の人がいいです。

そして、あなたと同じ、「趣味」、「悩みを持っている」、「感性」の人などがいいでしょう。

たとえな「50代の男性で、腰痛が悩みの人」などです。

そしてこの場合腰痛をテーマにブログを書きます。

内容は腰痛日記みたいなものでいいです。

「今日の腰の具合」、「腰痛改善でやったこと」、「使用した薬」、「使用した器具」などに付いて書きます。

そして効果のあった薬や器具についてオススメ記事を書いて、その商品を読んでくれる人に紹介します。

これだけです。

でも書いただけでは読んでもらえませんので、読者を集めます。

これにはSEO対策が必要です。

詳しくはコチラの記事に書いています。

 

口コミではなくインターネットで獲得する方法

マッサージ師さんは意外とわがまま

マッサージ師さんと付き合っていると意外とわがままだなって思う時があります。

マッサージ師さんの中には目に障害のある方が多く、世間様からはかわいそうとか思われているみたいです。

なので、周りの人々がいろいろと気を使ってくれるんですよね。

そんな環境で育った人が多いので、ある程度望みを聞いてくれるのが当たり前とでも思っているのでしょう。

雇用契約でも朝9:00から18:00までの仕事なのに、暗くなると危ないから、早く帰りたいとか、いいます。

冬場ならまだしも、夏の夜が更ける時間が遅い時もいいます。

まだ明るいやん!と言うと、今度は暗さじゃなく、時間を言ってきます。

18:30までも家に帰りつきたいとか。

体の不住な面を理由にしているならまだわかるのですが、一度要求が通ると、他のことまで要求してきます。

社会的弱者に手を差し伸べるのは悪いことではありませんが、弱者の方がわがままになるのはどうかと思います。

以前私の祖父が身体障碍者の地域の会長でしたが、その時言っていた言葉を想いだします。

「最近の障碍者は体が不自由なことを盾につけ挙がっている」

そんな気がします。

 

マッサージいまから