読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医師に思わず「オススメはなんですか?」

薬はどんどん進化しているんですね。

ご多分に漏れず脱毛はしましたが、イメージしていたよりも吐き気は軽く、味覚障害もありません。

でも、「子供が生まれても、君がいなくなったら意味がない」と夫に言われ、4月から半年間の抗がん剤治療を受けました。

毛が抜けるのなんてどうでもいいけれど、子供を産みたいという思いが最後まで決断を鈍らせました。

医師から「抗がん剤は子宮にもダメージがあって、そのまま閉経してしまうかもしれない」と言われたので、本当は嫌だったんです。

ただ、手術より悩んだのは、その後に始まる抗がん剤治療でした。

翌日からは、もう歩いてレントゲン室に行ったり、数日後にはドレーン(排液管)を付けて仕事をしたり、家が近かったので毎日、夕飯を作りに帰ったりもしました。

手術を受けた夜、背中が痛くて何度もナースコールをしたときも、「もしここが野戦病院だったら、ナースコールなんてないんだ」と妄想して、自分の幸せを噛みしめました。

入院は2月下旬。

心が傷つかない方法をいろいろ考えて、そのときは「小学生に戻ったと思えばいいや」と自分を納得させました(笑い)。

右胸がなくなるのは寂しかったですが、ものは考えようです。

悩まなかったといえばウソですけれど、「命か胸か」と言われたら答えはおのずと出ていました。

主治医は「(右乳房)全摘です」と言い、夫も賛成したのでオススメを選択しました。

結局、私が主治医に言えたのは「オススメはなんですか?」という変な質問だけ。

ただ、「温存すれば再発のリスクが残る」とか、再建手術がうんぬんという説明も同時にされたため、それがまるでお経のように感じられて……。

しこりは約3センチと大きかったものの、早期に近かったので乳房は3分の1温存できるとのことでした。

後にリンパ節にも転移していることがわかり、最終的には「ステージⅡB」でした。

結果は「右乳房の乳がんステージⅡA」との診断。